基礎学力が大切

医学部に入りたいと思っている受験生の場合には、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?医学部に入るための受験対策としては、基礎学力を確かなものにすることが大切です。

医学部の受験問題と言うと、ほとんどの受験生が難しい問題が出題されると思っているのではないでしょうか。しかしながら、実際には、基礎学力についての問題が多いそうです。そのため、医学部の受験対策としては、難問を多くこなすよりも、しっかりと基礎学力をマスターすることの方が大切になります。繰り返して同じ問題を解答して、受験の際に同じような問題が出題された場合には解法をすぐに思い浮かべることが必要です。つまり、できるだけ多く過去問を解答しておくことが大切です。

しかしながら、医学部によってはあまり過去問を公表していないようなところもあるでしょう。このような場合には、同じような出題傾向がある別の医学部の過去問について解答するようにして、できるだけ解答する問題数を多くするようにしましょう。

また、基礎学力を確かなものにするためには、高校の2年生が終わるまでに数学と英語についての基礎学力は確かなものにしておくことが大切です。というのは、高校の3年生の場合には、数学、英語、理科の全ての学習をする必要があるためです。