効果的な受験対策

効果的な医学部を受験する場合の受験対策の方法についてご紹介しましょう。医学部というのは、国公立大学にも、私立大学にもあります。国公立大学の医学部を受験する場合には、センター試験において5教科の数学、英語、国語、理科、社会を受けて、2次試験において英語、数学、理科にプラスして小論文を受ける必要があります。一方、私立大学の医学部を受験する場合には、数学、英語、理科のうち2科目を選んで、プラス小論文を受ける必要があります。

大学を受験する場合の成功法としては、一般的に多くの点数を得意な科目において取って、得意でない科目はできるだけ失点を少なくするということであると言われています。つまり、得意でない科目でチャレンジするのではなくて、得意な科目でリードをして、得意でない科目ではできるだけリードをされないというような方法です。医学部以外を受験する場合には、このような方法でいいかもしれません。

しかしながら、医学部を受験する場合には、科目の全てで点数を取ることができるように、得意でない科目を無くしておく必要があります。つまり、医学部の受験対策としては、普通の学部を受験するような学習方法では十分ではないと言えます。