早めに面接対策を行う

医学部を受験する場合には、早めに面接対策を受験対策の一環として行っておくことが大切です。というのは、受験の日が近づいてくると、どうしても得意でない科目を学習するために時間がかかってくるため、面接対策のための時間を取ることがなかなかできないためです。

それぞれの医学部によって、面接のスタイルとしては、面接をグループで行ったり、個人で行ったり、討論スタイルで何人かで行ったりするなど、いろいろなスタイルがあります。そのため、前もって志望している医学部で採用されている面接のスタイルをチェックしておいて、面接対策を行っておきましょう。

面接の際には、医師として適しているか、学習意欲、人間性などがトータル的に判断されます。例えば、医療ミスなどに関してどのように思うか、というような医療に関して問われるだけでなく、全く医療とは無関係である社会問題などに関して問われる場合もあります。そのため、志望する医学部に対する面接対策が必要になってきます。

医学部の受験に特化した予備校の場合には、面接対策を行っているところも多くあります。そのため、このような予備校を利用して、しっかりと本番に備えて面接対策を行なっておきましょう。