短時間に成果を出す

どのような印象が医学部の学生についてはあるのでしょうか?医学部の学生と言うと、一般的には勉強だけをしているような印象があるかもしれません。しかしながら、非常に多くの人が、実は高校の時から勉強だけでなく部活などを頑張っているのです。というのは、集中的に短時間で勉強して成果を出すことができるように、普段から受験対策をしているためです。

集中的に短時間で勉強して成果を出すことができる方法というのは、教科書に書いてあるような知識を大切にする、問題は少なくても復習を何回もする、ということです。教科書に書いてあるような知識を大切にするというのは、難関の医学部を受験する人ほどいい加減にするものです。

ほとんどの医学部では、標準的な問題を正しく短時間に解答するものが出されます。そのため、基礎的な教科書に書いてあるような知識をいい加減にしないことが非常に大切です。問題は少なくても復習を何回もするということも、ほとんどの受験生が間違うものです。人間というのは、一回のみで全部のことを見て覚えるほどではありません。繰り返して何回も復習することでその内容を身につけることができるため、1冊の問題集を何回も復習することが非常に大切なのです。